ネットカジノプレイヤーが違法性を問われ逮捕された事件を解説

投稿者:

ネットカジノプレイヤーが違法性を問われ逮捕された事件を解説
実際にお金を賭けた本格的なギャンブルを楽しめるネットカジノは、日本国内でも違法性を気にせずに遊ぶことができるため人気を集めています。
しかし日本国内でネットカジノは、違法でも合法でもないグレーゾーンという扱いであり、誤った遊び方で違法性を問われる恐れもあるのです。
ネットカジノが摘発された事件では「スマートライブ事件」が有名で、合法国でライセンスを取得し海外拠点であるにも関わらず摘発され、日本人のプレイヤーが逮捕されてしまいました。
一体どうして合法ネットカジノが日本国内で摘発を受けてしまったのか、疑問を持つ方もいると思います。
ここでは、ネットカジノプレイヤーが違法性を問われ逮捕されたスマートライブ事件を解説していくので、ぜひ参考にしてください。

スマートライブ事件の概要

スマートライブ事件は、ネットカジノのスマートライブカジノを利用していた日本人が摘発された事件です。
この事件の前にもネットカジノが摘発されるケースはありましたが、いずれも運営者側が逮捕されただけで、プレイヤーは摘発されることはありませんでした。
インカジ店などの店舗型の違法カジノで客が逮捕されるケースはありましたが、ネットカジノでプレイヤーが摘発されたのは日本国内ではスマートライブ事件が初めてであり、ネットカジノ利用者に衝撃が走ったのは言うまでもありません。
ちなみにスマートライブカジノは合法国でライセンスを取得し、海外を拠点とする合法ネットカジノで現在も運営を続けています。
なぜこのような合法ネットカジノが、日本国内で摘発の対象と判断されてしまったのでしょうか?

日本人向けのサービスが裏目に

日本人向けのサービスが裏目に
スマートライブカジノはいち早く日本市場の可能性に着目して、日本人プレイヤーのニーズに合わせたサービスを提供していました。
その1つが日本人の時間帯に合わせ日本人ディーラーを使ったライフゲームで、多くの日本人プレイヤーがこれを利用していました。
今では日本人市場に合わせたプロモーションを開催するネットカジノは珍しくありませんが、スマートライブカジノはその先駆け的な存在だったのです。
しかしこれが裏目で出てしまい、警察は「日本人ディーラー」「日本人に合わせた時間帯」「日本語での会話」を根拠に日本国内でギャンブルが開催されていると断定して摘発に踏み切りプレイヤーの逮捕を行いました。
しかし実際にスマートライブカジノは海外に拠点を置いているので、運営者を逮捕して顧客リストを押収することはできません。
一体、捜査当局はどのようにしてライブカジノを利用していた日本人プレイヤーを特定したのでしょうか?

プレイヤーを特定した方法とは?

スマートライブカジノは海外に拠点があるため、運営者が摘発されなかったにも関わらず、どうやって日本人プレイヤーを特定したのか疑問に感じる方も多いと思います。
実は日本人プレイヤーの特定は、チャット履歴やブログに投稿された情報を基に行われたのです。
スマートライブカジノには多くの日本人登録者がいましたが、摘発されたのはブログやSNSにプレイ内容を公開していたために身元が判明してしまった一部のプレイヤーに留まっています。
もしこれらの日本人プレイヤーがブログなどにネットカジノのプレイ内容を公開していなければ、摘発されることはなかったということなのです。
当時スマートライブカジノには多くの日本人プレイヤーがいましたが、プレイ内容を公開しなかったほとんどの日本人プレイヤーは摘発を免れています。

摘発されたプレイヤーはどうなったのか?

スマートライブ事件での逮捕者は、賭博法に違反したとして略式起訴を受け最大で20万円ほどの罰金刑となり服役は免れました。
略式起訴とは被疑者が罪を認める代わりに裁判を受けることなく刑が確定するというもので、比較的軽い処分が下されます。
スマートライブ事件の教訓は、あまりに日本人に特化したネットカジノは、日本国内で賭博が開催されていると判断され、当局に摘発される可能性があるということです。
今後もこのような摘発が行われるかどうか分かりませんが、トラブルに巻き込まれないためにも、日本人専用のテーブルを用意するようなネットカジノでは、遊ばないようにすることをおすすめします。

まとめ

まとめ
ネットカジノプレイヤーが違法性を問われ逮捕されたスマートライブ事件を解説してきましたが、参考になったでしょうか?
スマートライブカジノは日本人プレイヤーのために日本人に特化したサービスを提供していましたが、それが裏目に出て摘発されてしまいました。
実際にはスマートライブカジノの拠点は海外にあり運営に問題はありませんでしたが、警察の判断によっては摘発も可能という前例が出来てしまったのです。
日本でネットカジノは、あくまでもグレーゾーンという危うい立場であることを忘れてはいけません。
スマートライブ事件での教訓は、不用意にネットカジノでのプレイ情報をブログやSNSで公開すべきではないということです。
またこのようなトラブルに巻き込まれないためにも、信頼性が高く実績もある大手ネットカジノで遊ぶようにしましょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です