摘発が繰り返されるインカジ

投稿者:

インカジとはどんなもの?

オンラインカジノのプレイヤーの方の間でも知られている「インカジ」ですが、こちらはカジノカフェのことをいいます。
カジノカフェとは具体的にどういったものなのかというと、ネットカフェのような店内でオンラインカジノが提供されているという、国内の違法なお店になります。

通常のオンラインカジノは、自宅のパソコンから接続して、そして海外のオンラインカジノに接続してギャンブルが楽しめるというものになっています。
しかし、カジノカフェは店内で精算が行われており、違法にオンラインカジノを仲介して提供されています。
このため違法性が高く、法的にも賭博罪に該当してしまいます。

そこで、こちらのインカジの逮捕、摘発について見ていきたいと思います。

インカジの逮捕が相次いでいる現状について

全国的に、インカジの逮捕が実は続いています。
インカジが最初に摘発・逮捕されたのが、2006年のことです。
この頃に、京都のインカジが初めて摘発されることになりました。

これは日本国内で初の事件で、当時はプレイヤーからも驚きの声が多数上がり、非常に話題となった事件でもあります。
こちらのインカジが摘発された事件ですが、具体的にはどういったものなのかというと、この店内ではオンラインカジノが提供され、店内でそのまま払い戻し、つまり店内で現金の精算が行われていたということです。
そして、店内では、このオンラインカジノを店内の端末から客へと提供していた様子です。

結果的に店員2名と、利用客が逮捕されることになり、店員2名は、常習賭博罪という形で重い判決が下りました。
インカジが摘発されたのはこれが初めてですが、その後全国的に摘発が相次いでいますので、社会問題の一つとなっています。

インカジにはどのような特徴があるの?

インカジの特徴にはどのようなものがあるのでしょうか。

まずインカジの特徴として、ネットカフェのような店内で、オンラインカジノが提供されています。
違法なお店のため、当然ながらホームページで掲載されているわけでもなく、さらには看板を出しておらず、違法に雑居ビルでひっそりと營業をしています。
全国の都会の繁華街に営業されていて、そしてキャッチで人を呼び込んでいます。
「カジノがありますよ」と声をかけられた場合には、インカジの可能性が高いです。

インカジは、都内を中心に繁華街で営業されていますが全国で摘発が続いていて、どの都市でも営業されている可能性がありますので、注意が必要となります。

インカジの問題点と違法性について

これらのインカジの違法性ですが、なぜ摘発されてしまうのでしょうか。
まず、インカジの場合、オンラインカジノを提供しているということで、パソコンで自宅から接続してギャンブルを楽しむオンラインカジノと同じサイトを提供していることもあります。
しかし、これらはまったく別のものとして考えておくと良いでしょう。

これはなぜかというと、インカジの場合には、オンラインカジノを国内の業者が仲介をする形でプレイヤーへと提供をしており、店内で金銭のやり取りが行われています。
これは、立派な賭博罪に該当することになります。
日本では公営ギャンブル以外の賭博を認めておらず、国内で現金の精算を行っている、こういったインカジについては賭博罪になります。
インカジは、賭博の場所を提供しているということもあり、賭博場開帳図利罪にもなりえますので、非常に違法性が高いのです。

店員はもちろんですが、興味本位で足を踏み入れただけのプレイヤーも、警察がそこに足を踏み込めば、全員が逮捕されてしまうリスクが高いのでくれぐれも注意をしなければなりません。

その他のインカジの問題点とは?

その他にも、インカジには、さまざまな問題点があります。
インカジは、違法な存在ということもあり、店側もそれを知っています。
そして暴力団の資金源になっているという噂もあります。
このため、トラブルに巻き込まれてしまう恐れがあります。

また、オンラインカジノの場合は、外部の監査機関によって監査を受けているということもあり、不正やイカサマの可能性はありません。
しかし、インカジはここに日本の違法業者が仲介することになりますので、不正やイカサマはやりたい放題ということになります。
不正やイカサマをしてもお咎め無しになりますので、プレイヤーが勝つことができないように設定されている可能性もあります。
プレイヤーがお金を損してしまったとしても、そもそもが違法店ですので、相談をすることもできません。

オンラインカジノは違法ではない?

インカジの摘発が全国的に多くなっていますので、オンラインカジノは違法ではないのかと不安に思う方もいるのではないでしょうか。
しかし、オンラインカジノは海外の業者が合法的に運営をしているため、それそのものは何ら違法性はありません。
この点で違いがあることを認識しておきましょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です