インカジが摘発される理由

投稿者:

インカジの摘発について

インカジの摘発について

全国的に「インカジ」が摘発されていることでもニュースで話題となっています。インカジとは、カジノカフェのことを指します。インターネットカジノをお店で提供するお店で、店内で、お金の支払いも行われているのが特徴です。
もちろん、こちらのインカジは、違法ですので、摘発の対象となっています。インカジを経営している経営者だけではなく、店でプレイをしていた客も逮捕されてしまいかねません。
多くのインカジが相次いで摘発されており、問題となっています。

インカジのさまざまな問題点

インカジは、日本の法律では、賭博罪となり、逮捕の対象となります。
インカジは、その違法性から、堂々と営業されているというわけではありません。首都圏などを始めとした、全国の繁華街において、雑居ビルの一室でひっそりと看板を出さずに営業されています。
2006年に初めて国内で摘発されたインカジについても、京都の雑居ビルで営業されていました。

摘発されたインカジについてですが、フィリピンのオンラインカジノを提供していて、店内のパソコンで客が自由にカジノをプレイすることが出来ており、店内で精算がされていたそうです。
ネットカフェのような店内で、手軽に行われているので、その違法性を知らなかったというプレイヤーも多いようです。

逮捕容疑について

逮捕容疑

一般的なギャンブルで考えれば、店舗で賭博をさせていたわけですから、「賭博場開帳図利罪」が店員に適用されるでしょう。
しかし、利用していたのがオンラインカジノですから、慎重な罪の適用が必要です。結局、長期間にわたって組織的に「ギャンブル」をおこなっていたとして、「常習賭博罪」が店員に適用されました。
客2人に対しては「単純賭博罪」が適用され、「50万円以下の罰金または科料」となったのです。いっぽう、「常習賭博罪」は罪が重く、「3年以下の懲役」が基本の刑となります。
実際に京都地裁から言い渡されたのは、「懲役2年・執行猶予5年・追徴金1億139万円」でありました。

利益を上げる具体的な方法について

いったい、「カジノカフェ」はどのような方法で暴利をむさぼっていたのでしょう?
もちろん場所代や施設の利用料名目で客を相手にしていたのでしょうが、これだけでは知れています。当然ながら、「ギャンブルの胴元行為」で大きな利益を上げていました。
その手法は少々複雑ですが、要は「カジノゲーム」におけるポイントを販売したのです。実際に「カジノゲーム」の勝ち負け分は店舗がカジノサイトと決済をしていました。

一方、店舗内では客と店側が現金決済をおこなっており、アカウント登録時や入金時などのプロモーションボーナスをせしめていたのです。
これにより、客が負ければ大きく利益が上がりますし、一部の客が勝ったとしても店舗側が損をすることはありません。少ない元手で運営できるとして、一獲千金を狙った経営者が後を絶たなかったのです。

オンラインカジノとのその違い

ネットで自由に楽しめるオンラインカジノの存在もありますが、これは個人でも自由に参加することが出来ます。インカジとオンラインカジノですが、違法性が高いのは、インカジとなります。

その理由として、インカジは、国内のお店で賭博の場所が提供されているという理由があります。
通常、オンラインカジノは、海外の業者が運営をしているので、日本の法律だけでこれを処罰することは出来ません。しかし、胴元が国内に存在していて、賭博の場所を与えているとなると、賭博罪が日本において成立してしまいます。
よって、インカジは、逮捕の対象となり、見つかれば即座に逮捕されてしまうのです。

オンラインカジノとのその違い

オンラインカジノをプレイする際も気を付けよう

このように、インカジは摘発の対象となっていますが、オンラインカジノについてもけして必ず安全とはいえません。なぜなら、オンラインカジノに関する法律はなく、合法とも違法ともいえない状態だからです。
今後どのように法律が変わっていくかは分かりませんが、正式に解禁されるまでの道のりは長いので、慎重になるべきなのです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です